株式会社営善|外壁改修・塗床・コンクリート防食

防食工事

下水道や汚水処理施設などでは、発生する硫化水素により構造物のコンクリートが腐食し、通常より急速に劣化が進んでしまいます。
その腐食を阻止するためにコンクリートの表面に塗膜を作って保護するのが防食工事です。
営善では早くからこの防食工事に取り組み、施工面積は全国でもトップクラスに入ります。

防食工事

  • 現場名: 新宮浄化センター濃縮汚泥貯留槽防食工事
    施工場所: 広島県呉市光町
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: D2種防食工事 ジックボード工法
    施工規模: 約540㎡
  • 現場名: 茶屋町地内下水道管きょ更生工事
    施工場所: 岡山県倉敷市茶屋町
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: D2種防食工事 ジックボード工法
    施工規模: マンホール2基 約50㎡
  • 現場名: 操山配水池築造工事
    施工場所: 岡山県岡山市中区平井
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: エポキシ防水/防食 JWWA K-143(天井)
    FRP防水/防食 JWWA K-149(壁・床)
    施工規模: 約2000㎡
    備考: 上水道の配水池の防食工事です。水張り・水質試験も1回の検査で合格しました。
  • 現場名: 芦田川浄化センター最初沈殿池
    施工場所: 広島県福山市箕沖町
    受注形態: 元請け
    施工内容: ボンドPM工法
    施工規模: 約320㎡
    備考: ノンクロスエポキシ樹脂ライニング工法により施工しています。平成18年度の広島県発注工事の成績優秀工事に選ばれました。
  • 現場名: 坊士浄水場沈殿池改修工事
    施工場所: 広島県尾道市高須町
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: 環境対応型無溶剤防食ライニング材
    施工規模: 約900㎡
  • 現場名: 新潟県内幹線管渠
    施工場所: 新潟県内
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: セラミックライニング工法
    施工規模:
    備考: 下水道が供用されると幹線管渠は代替施設がないので大変重要なインフラとなっています。新潟中越沖地震以来、下水道施設の維持管理が重要であることが再認識されています。
  • 現場名: 御笠川浄化センター
    施工場所: 福岡県福岡市博多区
    受注形態: 一次下請け
    施工内容: セラミックライニング工法(気相部)
    施工規模: 約13,000㎡(6年間延べ)
    備考: 下水道防食工事の先駆けとなった改修工事です。
    6年間で13,000平米の施工実績となり、大手ゼネコンからの依頼が続きました。